2017年度 開講授業一覧 <高1・2生>

●英文法

-大学入試のための揺るぎない土台を作る-

使用テキスト例
使用テキスト例

『高校英文法 Basic』(高1対象)

 -授業レベル5段階表示

    難易度       ★★★

    スピード      ★★

    学校対策度     ★★

            入試得点力養成 ★★★

 

『高校英文法 Super』(高1・2対象)

 -授業レベル5段階表示

    難易度       ★★★★

    スピード      ★★★

    学校対策度     ★

            入試得点力養成 ★★★★

 

どちらのクラスも、高2・高3で学ぶであろう難易度の高いものや、志望大学別対策内容を確実に且つたくさんこなせるようになるために、「高校英語の強固な土台を作ろう」という意図のもと開講しています。授業では小・中学生クラス以上に、その英語が持っているイメージをつかんでもらうことを大切にしています。この取り組みが「丸暗記脱却」につながり、また語学の勉強にどうしてもついて回る「例外」を受け入れる土壌となります。

 

『高校英文法 Basic』は科目でいう「英語Ⅰ」の内容を軸に高校生で学ぶ単元としての基礎内容を一通り学習し終えるプログラムになっています。

高1生対象ではありますが、センター試験レベルの文法問題にも定期的にチャレンジしていきます。

 

『高校英文法 Super』は、科目でいう英語Ⅱ」の内容を軸に『高校英文法 Basic』よりも深く、且つ実戦的な内容を取り入れていきます。

志望大学目安として国公立大や私立大GMARCH以上を考えている高1・2生は、ぜひこちらのクラスにもチャレンジしてみてください。 

●長文読解

単語・熟語・文法・構文チェック
単語・熟語・文法・構文チェック

『英文解釈α』(高2対象)

 -授業レベル5段階表示

    難易度       ★★★★

    スピード      ★★★

    学校対策度     ★

            入試得点力養成 ★★★★

 

大学入試改革が動き出しているものの、現高1生までは

「英語の入試問題はほとんどが長文」という形式が続くと言われています。「何となく読み」では通用しない大学入試です。

入試問題を含め、今の内から数多くの英文を構造把握し、精読していきましょう。

この下積みが、志望校別受験対策に取りかかった時に生きてきます。