2013年

3月

09日

読書のすすめ 第3号

★『キッパリ』

今回紹介するのは『キッパリ』(上大岡トメ)。How to本です。ちなみに副題が「たった5分で自分を変える方法」とあります。この言葉の捉え方は人それぞれだと思いますが、私は「レベルアップするために自分を磨くこと」だと解釈しています。この本を読むと、けっこう簡単な行動や心持ちで自分を変えられるんだなってことに気付きます

さて今回は、この本から私がいいなと思ったものを下記に紹介させていただきます。

「迷った時は、勇気がいる方を選ぶ。」

私が言うまでもなく、人生は選択の連続です。日々過ごしていれば色んな場面で自分の行動を選ばなきゃいけなくなります。そんな時に参考になる言葉だと思います。「勇気がいらない方」はなぜ勇気がいらないのでしょうか?それは現状のレベルでできちゃうからだと思います。そっちを取ってももはやレベルアップしないわけです。だからがんばって「勇気がいる方」を選ぶよう心がけてみましょう。こっちを選ぶのは怖いことかもしれませんが、たとえ失敗しても得られるものはきっとあると思ってチャレンジしてみるのはどうでしょうか。選択に満ちあふれている日常で、このことを習慣化できたら、人間的にものすごくレベルアップできてしまうと思いませんか。

 

「口癖を変えてみる。」

人間は暗示にかかりやすいらしいです。たとえ、自分が自分に軽い気持ちで言っている言葉でも、繰り返し言っていると頭にこびりついてしまうかもしれません。これまで授業中や休み時間に、「わかんな~い。」「できな~い。」「無理だし。」などというネガティブな発言をよく耳にしてきました。気持ちはわからいでもありませんが、これらの言葉を言ったからといってできるようになるわけではないですよね。頭の中にネガティブ発言を注入しているだけで、マイナスの効果しかないと思います。だから、これらの言葉を言いたくなったら、ぐっとこらえるか、語尾に「なんちゃって」をつけてみましょう(例えば、「わかんな~い、なんちゃって」となります。)。ちょっとネガティブ度が下がりませんか。さらに言うなら、どうせ口癖にするならポジティブなものを選ぶといいんじゃないでしょうか?ただし、根拠なく「オレ、できるし。」などというのは危険ですので、反省するという姿勢も忘れずに!